管理方法(参考)

【置き場所】

・ 秋から春は日当たりの良い場所
・ 夏は木陰など風通しの良い場所(遮光等)

【水やり】

・ 表土が乾いたら鉢底からあふれる位たっぷり与えて下さい。
  (特に冬場は灰カビ病等を起こさないように水の管理にご注意下さい。)

  * ポイントは乾かし気味に

【咲き終わり後の処理】

・ 株元に陽が当たりベストな状態にする為、咲き終わり後の芽を3cm〜5cm位残してカット(ハサミは消毒)します。

  切り口に sugoi−ne ナノ銀墨汁等 を塗ります。

  これで軟腐病もシャットアウト出来ると思います。

【病気の管理】

sugoi−ne ナノ銀ヘルパーA を説明書を参照して散布して下さい。

 ※育成環境により、来期以降≪花株の姿・色・形・開花時期≫等変化する事が有りますのでご承知下さい。